消化器内科

  • HOME
  • 消化器内科

消化器内科について

消化器内科は、口から肛門までの消化器領域である、食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、膵臓などの疾患を検査・治療する診療科目です。体調が悪いため内科を受診すると、実は消化器領域の病気であったということもあります。
消化管疾患については上部消化管内視鏡、全大腸内視鏡、拡大大腸内視鏡、大腸ポリペクトミー(大腸ポリープ)、胃ポリペクトミー等あらゆる消化管疾患に対応しています。とくに早期大腸癌の診断と治療に関しては最も定評のある分野であり、大腸内視鏡検査(ハイビジョン大腸カメラ)において全例に拡大大腸内視鏡を用い、腫瘍表面の腺孔形態を拡大観察することで、瞬時に癌の深達度、悪性度を診断し内視鏡的治療に結びつけています。

このような症状の方はご相談ください

  • 胃痛
  • 腹痛
  • 下痢や便秘
  • 胃もたれ
  • 血便・黒い便が出る
  • 胸やけ
  • 体重減少
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 食べた際に喉がしみる

消化器疾患・検査について

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

大腸内視鏡挿入時には軸保持短縮法を用い全例盲腸まで観察し、短時間で苦痛のない検査を心掛け患者さんから好評を得ています。院長は経験豊富で大腸内視鏡検査数通算3万例以上、ポリペクトミー(ポリープ)、内視鏡的粘膜切除も通算一万病変以上に達し、近年大腸がんの発育進展で重要な位置を占めるとされる陥凹型早期大腸がん・側方発育型腫瘍の多数の症例を発見。
特に陥凹型早期大腸がんは通算100例以上にのぼり学会・研究活動も活発に行っています。

さらに詳しく

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)も2万例以上の経験を有し多数の早期胃癌・食道癌の症例を発見、その治療にあたってきました。検査では苦痛のない検査を心掛けております。

さらに詳しく

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患ではクローン病、潰瘍性大腸炎の症例経験は豊富で現在多数の患者さんを診療しております。生物学的製剤療法、白血球除去療法にも積極的に取り組んでおります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍発生・再発の重大な要因と考えられるヘリコバクターピロリ菌も江川院長十年来の研究テーマであり積極的に除菌療法を実施し約95%の除菌率をあげて潰瘍の再発を防止しております。

肝臓疾患

肝硬変、慢性肝炎等の肝臓疾患の治療ご相談も受付けております。