大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

  • HOME
  • 大腸内視鏡

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)は、肛門から大腸内に内視鏡を挿入し、大腸内の観察をする検査です。
近年、大腸がん患者は増加傾向にあります。これは、食生活の乱れなどが原因とされていますが、定期的に検査を行い、早期発見・早期治療をすることで、大腸がんのほとんどは完治させることが可能になってきています。 そして、早期発見に有効なのが大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)なのです。 初期の大腸がんは自覚症状が出にくく、気付いた時には進行がすすんでいるとういうことも珍しくありません。 早期発見のため、定期的に大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)を受けることをおすすめします。
当院では、腫瘍やポリープを顕微鏡のように観察できる拡大大腸内視鏡を使用しています。
さらに画像強調内視鏡として、LCI(Linked Color Imageing)観察、BLI(Blue LASER Imaging)観察が、可能なシステムを使用して最新の内視鏡診断を行っております。

Ⅱc型微小早期大腸癌(100倍拡大画像)

検査でわかる疾患

検査により、「大腸がん」「大腸ポリープ」「潰瘍性大腸炎」「クローン病」「虚血性腸炎」「感染性腸炎」「痔核」などを発見することができます。また、早期大腸がん、大腸ポリープが発見された場合は、内視鏡切除(ポリープ切除)も検査の際に同時に行い、即日、治癒が可能となります。

日帰りポリープ切除も可能

当院では、大腸内視鏡検査時に大腸ポリープ、早期大腸がんが見つかった場合に、その場で切除・治癒させることが可能です。
大腸ポリープは腸の内腔に突出したイボ状に隆起した病変の総称を指します。大腸ポリープは大きく2種類に分かれており、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」があります。当院では、全例、拡大大腸内視鏡を使用しており、ポリープの表面を顕微鏡のように観察します。そして、腫瘍・非腫瘍を瞬時に判定します。全てが大腸がんに移行するわけではないため、放置してもよいものは切除しません。

このような方におすすめです

  • 40歳以上の方
  • 便潜血検査で陽性と診断された
  • 赤黒い便が出る
  • 以前よりも便が細くなった
  • 残便感がある
  • 下痢・便秘を繰り返す
  • 大腸ポリープがある
  • 家系に大腸がんになった人がいる
  • お酒をよく飲む
  • 便秘になりやすい

大腸がんは40歳以降を境目に増加傾向にあるります。 40歳を超えた方や、家系に大腸がんになった人がいる方などは特にご注意いただき、定期的な大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)をすることをおすすめします。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡(大腸カメラ検査)は痛くて、時間が掛かるつらい検査だと思われていませんか?
「以前、検査を受けたときにつらかった」「まだ一度も大腸カメラ検査を受けたことがないから不安」などのご意見をいただく事があります。 抵抗や不安をお持ちになっておられるのなら、一度ご相談下さい。 当院では、患者様に極力負担がかからない大腸内視鏡(大腸カメラ検査)を行っております。

痛みのない短時間検査

当院では江川院長の3万例以上に及ぶ経験によって考案されたパターン化挿入法によって、腸管を短縮しどのような症例でも同じパターンで大腸内視鏡を挿入することで、痛みがなく短時間で検査を完了出来ます。

鎮静剤を使用しない検査

通常、肛門から内視鏡を挿入時に違和感や痛みを感じることがありますが、当院ではパターン化挿入法により、痛みなく検査を行うことができるため、鎮静剤は使用しておりません。検査終了後もお車で帰宅していただけます。ただし、鎮静剤をご希望される方には、投与も行っていますので、お気軽にお申し出ください。

ハイビジョン仕様の拡大大腸内視鏡を使用

当院ではハイビジョン仕様の拡大大腸内視鏡を使用して全例に拡大観察を行っております。腫瘍表面の腺孔形態(ピットパターン)を数十倍から百倍に拡大観察することで癌、腺腫、過形成性ポリープの鑑別を瞬時に行うことが可能です。それにより、内視鏡治療(ポリープ切除)を行うか、放置してよいかも判断することが出来ます。

前日の食事制限はありません

当院では前日の検査食投与は原則として行っておりません。前日は普通に食事して頂けます。

検査の流れ

1.検査当日

当日の朝、来院後にニフレック(腸管洗浄液)を飲んで頂き、腸内をきれいにしていただきます。

2.内視鏡検査

大腸内視鏡(スコープ)を、肛門から挿入して観察します。ポリープが見つかった場合、切除が必要であれば切除を行います。
通常の検査時間は約10分程度、ポリープ切除が必要な場合はであれば約20~30分程度かかります。

3.検査結果をご説明

検査後、画像をご覧頂きながら、腸内の状態をご説明いたします。

内視鏡検査の実施曜日について

 診療時間 日・祝
13:30~15:30
(内視鏡検査)

・・・第4木曜日/第1,第3土曜日のみ